シェアハウスとは?

今テレビなどでも取り上げられているのがシェアハウスです。
よく耳にした事がある人も多いですが、実際どのような生活を送っているのかどのような仕組みなのか何となく知っているという程度の人が多いです。
そこで実際にシェアハウスはどのような形態の賃貸方法で、どのような特徴があるのでしょうか。

シェアハウスが広がったのは、2009年頃と言われ急に増加している賃貸方法です。
シェアハウスとは、プライベートな空間とキッチン、トイレ、お風呂、などを共有する空間の両方がある生活環境の事を指します。
部屋数が多い一戸建てや寮やマンションなどを数人で分けて賃貸契約として使用されています。
特に立地がいい賃貸物件は、部屋数が多いほど敷地面積も増え、賃貸価格も高くなり借り手がつかないという問題点があります。
しかし部屋を分割して賃貸に出す事で、立地はそのままにもかかわらず一人あたりの賃貸価格が低い為、空き物件になることが低くなります。
借り手にとっても好条件の立地を低価格で借りる事ができるためメリットも多いです。

シェアハウスは、東京都心部や神奈川、大阪市内など立地がいい場所が人気です。
初めて都心部で生活をする人にとっては、一人暮らしへの不安やさみしさなどを感じる人が多いです。
シェアハウスで人と接する事で、安全面や一人暮らしへの不安など解消する事ができます。
特に都心部では治安への心配も多く、一人暮らしよりも数人で一緒に住むことで防犯面においても安心して生活する事ができます。

Copyright © 2014 シェアハウスをするには All Rights Reserved.